医療脱毛

医療脱毛ナビゲーター@永久脱毛でスベスベの肌をゲット

永久脱毛に近い効果を得たい場合

せっかく脱毛するなら、永久脱毛に近い効果がある脱毛をしたいですよね。

 

永久脱毛に近い効果とは、ムダ毛が満足いく程度まで薄くなる・少なくなることです。 脱毛サロンや医療機関選びを失敗すると、お金も時間も無駄にしてしまうかもしれません。

 

永久脱毛に近い効果を実感できるまで、ある程度の期間が必要です。 効果を実感するのには、かなり個人差があります。もともとのムダ毛の量や毛質によって ムダ毛の減り方に違いがあります。また、ムダ毛が同じ量、減っていても 人によって感じ方が違うことも考えられます。

 

実際、脱毛を開始して4回目でかなりの効果を実感できる人がいれば、 12回目で実感できた人など、脱毛回数に大きな差があります。

 

来年の夏にはムダ毛を薄くしたいと考えているなら、夏直前に脱毛を始めていては間に合いません。 遅くとも、夏の半年前には脱毛を始めるのが理想的です。 ムダ毛が濃い人は1年前から始めても早過ぎるなんてことはありません。

 

全国には計画的に脱毛を始めている女性がたくさんいるようです。

 

脱毛サロンと医療脱毛、どちらを選べばいい?

 

はじめに言いますが、脱毛サロンも医療脱毛も、どちらを選べば絶対正解&誰もが失敗しないということではなく、両方にメリット・デメリットがあると考えてください。

 

脱毛だけではなく、いろんなことにおいて同じことが言えますが、誰もがみんなこれを選べばいいなんていうものはないんですよ。

脱毛サロンについて

最初に脱毛サロンについてですが、脱毛サロンで最近人気でクチコミでも高評価なのが、「光脱毛」です。 この脱毛サロンの光脱毛は、医療脱毛で使われるレーザーと比較すると、痛みが少ない分効果もやや少なくなるのですぐに効果を実感したい人は医療レーザーの方がいいかもしれません。

 

ですが痛みに耐えられない人・痛い脱毛は続ける自信がない人、そして始めて脱毛を始める人ならまずはサロンから始めてみて、慣れてきたら医療脱毛にしてみたりと、通い方は自分の好みでいいと思います。

 

決まりはないですからね。 でも脱毛をしたことが一度もないのに、いきなり医療レーザーで長期の契約をして、「やっぱり痛いから通えない」となるのは費用がもったいないので、脱毛サロンでの脱毛は痛みが少ない分、初心者でも安心かな。

 

また、脱毛サロンはどのサロンも比較的脱毛料金が安いので、この辺も初心者&学生向き。 いくら永久脱毛に近い効果を得たくても、費用がかかりすぎるのは脱毛完了まで通えませんよね。

 

定期的にキャンペーンを開催していて、日頃よりもさらにお値打ち料金で体験出来るのも、脱毛サロンのメリット。

 

さらに、トップページでおすすめしている脱毛サロン「ミュゼ」や「銀座カラー」では、脱毛施術後に専用の保湿ケアやプラセンタエキス配合のローションを使用してくれたりと、サロンならではのお肌のケアをしてくれるのもポイント。

 

お肌のことを考えた脱毛を受けられるのが、脱毛サロンって感じですね。

次に、医療脱毛についてです。

クリニックで行われるのが、医療レーザー脱毛と呼ばれるレーザー脱毛なんですが、この医療レーザー脱毛のメリットとしては、脱毛サロンの光脱毛と比較すると出力が高い分、脱毛サロンに通うよりも短い期間で永久脱毛に近い効果を実感できます。

 

なので先ほども書きましたが、短期間で効果を実感したい人は医療レーザーが向いています。

 

ですが効果が高い分、脱毛サロンよりも痛みも大きいので、これはまずは自分の肌でどの程度の痛みか、体験してみましょう。 現在、トップページで紹介しました医療脱毛なら、数回で1000円から2000円とお値打ち料金で体験することができますよ。

 

医療レーザーのデメリットとしては、有名なクリニックは都心部にしかなかったりしますので、最寄りの場所には行きたいクリニックがない場合もあります。

 

こんな感じで、脱毛サロンとクリニックの医療脱毛には、それぞれメリットとデメリットがありますので、両方のメリットとデメリットを理解した上で、自分に合う方を選びましょう。

永久脱毛できない人もいます。

TVのCMや雑誌、ネットなど有名脱毛サロンや美容クリニックを 目にする機会が増えたように感じます。
それだけ脱毛している人も増え、身近なものになっているようです。

 

脱毛サロンや美容クリニックで主流の永久脱毛に近い効果のある脱毛は 、残念ながら誰でもできるわけではありません。

 

脱毛ができない人。

 

永久脱毛に近い効果のある脱毛ができない人とは、どんな人なのか?

■健康面■

・悪性黒色腫などの皮膚ガンの人
・B型肝炎などの感染病の人
・糖尿病や心臓病
・甲状腺疾患などの内科系疾患がある人
・アルコール中毒
・ケロイド体質
・てんかんの既往症の人
・緑内障の人
・ペースメーカーを使用している人など

 

通院中の人や薬を服用中の人は、かかっている病院の同意書が必要な場合もあります。
その他、飲酒してアルコールが残っている人、予防接種後の人も体調が悪くなる 可能性があるので脱毛することができません。

■お肌■

・肌が極度に弱い人
・ひどい乾燥肌の人
・薬物アレルギーの人
・昔の傷跡がある箇所
・日焼けをした肌の人
・タトゥーがある箇所
・整形した箇所
・肌状態が安定していないアトピーの人

 

女性の場合、妊娠している人は脱毛することができません。 産後、生理が2回以上きていれば脱毛することができます。
授乳中の人の場合、乳輪周り、胸、両ワキの脱毛ができません。ただ、脱毛サロンによって 授乳中時の脱毛できる決まりが違います。

脱毛に、年齢制限はあるの?

脱毛に、年齢の上限はないようです。
でも、未成年の脱毛をやってないところがほとんどです。脱毛開始できる条件は、16歳以上で生理が2回以上きている人という ケースが大半です。中には3歳や7歳から始められる脱毛サロンもありました。
未成年の場合、必ず親権者の同意が必要です。脱毛サロンによっては、親権者も一緒に同伴 しなければいけないところもあります。事前に確認しておきましょう。

 

脱毛サロンごとに規制が違い、脱毛できる条件にも差があります。
A脱毛サロンではアトピーで断れても、B脱毛サロンならOKだったケースもあるので 一度断られても、他の脱毛サロンでも挑戦してみるとイイかもしれません。

医療脱毛でも、脱毛サロンと同じケースがNGなのか

美容クリニックの医療レーザー脱毛の場合を調べてみましたが、各クリニックの詳細を見ても それほど詳しい記載がありませんでした。

 

アリシアクリニックは、ホクロや色素沈着、ニキビがある場合はNG、
湘南美容外科クリニックでは、レーザー照射前の強い日焼けがNGと書かれているだけでした。 きっとカウンセリングで判断という感じですね。

 

肌トラブルや体調不良にならないためにも、カウンセリングの時にはどんな些細なことでも 相談しましょう。もし、申告しなかったせいで大きなトラブルになったしまったら泣くのは自分です。
ドクターサポートをしてくれる脱毛サロンもありますが、申告漏れでのトラブルを どこまで保証してくれるのか、わかりません。そうならないためにも、事前にしっかり自己申告しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ